整友会について

整友会の理念

共通理念
整形外科・リハビリテーション領域において、この地域により良い医療を提供する
~地域に特化して、患者様に信頼される医療機関を目指す~
基本方針
  • 私たちは、地域社会情勢の変化と需要を把握して、地域における私たちの役割を常に考え、医療・介護サービスを提供します。
  • 私たちは、地域の患者様個々人に応じた安心・安全な医療・介護サービスを提供するために職員一人ひとりが常に向上心を持って努めます。
  • 私たちは、和の精神を重んじて、専門性を活かした協働体系を機能させながらお互いに発展できるように努めます。
  • 私たちは、患者様中心の意識改革により、長期的かつ継続的な教育・訓練・研修を行い、『患者様の笑顔』が『医療人としての誇り』となるように努めます。

▲上へ戻る

理事長挨拶

理事長
理事長(江崎病院院長)   医療法人整友会理事長、豊橋整形外科江崎病院院長の江﨑雅彰です。
  このホームページをご覧の方々に一言ご挨拶申し上げます。
我々の医療法人は、昭和8年に江崎病院として開業し、平成10年、医療法人江崎病院から医療法人整友会へと名称変更しています。同時に、新川町にある江崎病院を豊橋整形外科江崎病院と病院名称変更し、また新たに、南牛川に豊橋整形外科鷹丘クリニックを開設いたしました。
  この時期より、医療主体は整形外科領域とそれに伴うリハビリ分野に特化してまいりました。そして、平成15年に向山町に豊橋整形外科向山クリニックを新設しております。
  ここで整友会の名称の由来を少しお話いたします。平成8年、私が当医療法人に着任時、この地域のために整形外科領域のスペシャリスト集団を作りたいと考えておりました。「整形外科医療をライフワークにしている仲間達が集まっていただけるような法人を」、という意味で整友会という法人名を掲げました。
  おかげさまで平成25年現在、志を共にする8名の整形外科医師に集まっていただきました。また、麻酔科医2名、内科医3名、理学療法士、作業療法士合わせて80名を超えるメンバーと共に総勢200名以上の職員で、毎日整形外科医療に励んでおります。
  現在、豊橋整形外科江崎病院では、34床の入院施設をもち、平成24年度の手術件数は380件を超え、全職員が整形外科、リハビリ領域における地域医療の充実を目指し、従事しております。
  このホームページのトップにも掲げてあります、我々整友会の共通理念である「整形外科・リハビリテーション領域において、この地域により良い医療を提供する」を実践するために、職員一同、日々勉強を重ね、進歩し続けて行くよう努力しております。
  今後共、職員全員がこの地域の皆様と共に歩み、この地域の人々のためになる医療法人を目指し続けて参りますので、どなた様に限らずご指導の程、宜しくお願い致します。
平成25年9月吉日

医療法人整友会 理事長
豊橋整形外科江崎病院 院長

江﨑 雅彰

▲上へ戻る

整友会の歩み

  • 昭和8年5月豊橋市新川町新銭に初代院長 江﨑二郎が外科として江崎病院開設
  • 昭和20年6月豊橋空襲にて全焼
  • 昭和20年6月豊橋市東田町字五反畑に開設
  • 昭和24年6月東田町の病院を閉鎖
    豊橋市新川町市南で再開
  • 昭和26年9月法人化し、医療法人 江崎病院と称する
  • 昭和42年江崎病院 北館増設
  • 昭和50年江崎病院 南館改築
  • 昭和57年8月江﨑正春が医療法人 江崎病院 理事長
    二代目院長 就任
  • 平成6年江崎病院 北館改築
    中心診療科目を整形外科とする
  • 平成10年9月医療法人 整友会と法人名を改称
  • 平成10年9月豊橋整形外科 鷹丘クリニック開設
    院長 中神和賀雄就任
  • 平成15年5月豊橋整形外科 向山クリニック開設
    院長 嘉森雅俊就任
  • 平成18年3月江﨑雅彰が医療法人 整友会 理事長
    豊橋整形外科 江崎病院 三代目院長 就任
  • 平成18年5月豊橋整形外科 江崎病院 増改築
  • 平成27年5月豊橋整形外科 鷹丘クリニック移転
  • 平成28年2月整友会デイリハビリセンター開設

▲上へ戻る

▲上へ戻る

Copyright © 医療法人整友会 All rights reserved.