リハビリテーション科

≪当法人リハビリテーション科のご案内≫
整友会リハビリテーション部門では、医師をはじめ、理学療法士・作業療法士が中心となり、一人ひとりに合った治療方法を選択し、身体能力・日常活動能力の回復と向上を目指す、質の高いリハビリテーション医療を提供しています。
また、単に機能改善を図るだけではなく、家庭、学校、職場、地域、行政などの環境の変化に対し、患者様とそのご家族にとって最善の生活方法を共に考え、治療を進めていきます。
また、当法人では、病院・クリニックでの治療だけではなく、訪問リハビリテーション事業として、外出が困難な方などに対して、理学療法士・作業療法士が居宅に訪問し、障がいの評価・機能訓練・ADL 訓練・住環境整備・専門的助言指導・精神的サポート等を行っています。

リハビリテーションとは

リハビリテーションは、能力低下やその状態を改善し、障がい者の社会的統合を達成するためのあらゆる手段を含んでいる。
リハビリテーションは障がい者が環境に適応するための訓練を行うばかりでなく、障がい者の社会的統合を促す全体として環境や社会に手を加えることも目的とする。
そして、障がい者自身・家族・そして彼らの住んでいる地域社会が、リハビリテーションに関するサービスの計画と実行に関わり合わなければならない。(WHO、1981)

▲上へ戻る

理学療法とは

理学療法とは 病気、けが、高齢、障がいなどによって運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動、温熱、電気、水、光線などの物理的手段を用いて行われる治療法です。
理学療法の対象は、主に運動機能が低下した人々ですが、そうなった原因は問いません。病気、けがはもとより、高齢や手術により体力が低下した方々などが含まれます。
最近では運動機能低下が予想される高齢者の予防対策、メタボリックシンドロームの予防、スポーツ分野でのパフォーマンス向上など障がいを持つ人に限らず、健康な人々に広がりつつあります。

▲上へ戻る

作業療法とは

作業療法とは1 身体または精神に障がいのある者、またはそれが予測されるものに対してその主体的な活動の獲得をはかるため、諸機能の回復・維持および開発を促す作業活動を用いて行う治療・指導・援助を行うことをいいます。
作業療法の対象は、子供からお年寄りまで、生活に障がいをもつすべての人々と関わります。日常活動の諸動作、仕事・遊びなど人間の生活全般に関わる諸活動を作業療法の「作業活動」と呼び、治療や援助もしくは指導の手段としています。
作業療法とは2

▲上へ戻る

Copyright © 医療法人整友会 All rights reserved.