整友会について・豊橋整形外科 鷹丘クリニック

豊橋整形外科 鷹丘クリニックスローガン
ここから始める幸せと医療のワンピース。鷹丘クリニック
質の高い医療、人と病気の両面を診ることで、患者様のみならず、施設に関わる全ての人々に幸福を与え、安心な地域社会作りへの貢献をします。

鷹丘クリニックは整形外科・リハビリテーション科の診療所です。院長は脊椎を専門としていますが、整形外科の患者様を幅広く診療しています。検査設備はレントゲン、MRI、骨密度、脈波(血行検査)を備え、リハビリテーションには理学療法士が多数従事しています。診察室では迅速かつ的確な診断・処置による外傷や整形外科疾患の治療を行い、リハビリテーション室では外傷・疾患によって生じた痛み・筋力低下・関節の動きの障がいにアプローチして歩行能力・日常生活動作の回復、職場復帰、スポーツ復帰に取り組んでいます。

院長挨拶

 【略歴】
  県立成章高校卒
  三重大学医学部卒
  昭和56年 中部労災病院
  昭和57年 名古屋大学医学部整形外科
  昭和57年 刈谷総合病院整形外科
  昭和60年 国立療養所東名古屋病院整形外科
  昭和64年 豊橋市民病院整形外科副部長

【専門医・認定医等】
  医学博士
  日本脊椎脊髄病学会指導医
  日本整形外科脊椎脊髄専門医
  日本リハビリテーション学会臨床認定医
  日整会認定運動器リハビリ医

当クリニックは平成10年9月に開院し、当初3名だった理学療法士も20名を超え、多くの患者さんの治療に専念しています。診療機器としてはMRI、レントゲン透視、骨密度検査器、血圧脈波測定器により各種疾患に対応しています。一般整形外科クリニック同様、外傷、スポーツ障害、骨・関節・脊椎の変性疾患などが主な対象疾患になっています。大学病院、市民病院に勤務していた頃は脊椎外科医として主に脊椎疾患の治療に専念してきたため、脊椎疾患の割合が若干多いかもしれません。人口の高齢化に伴い、骨脆弱性による前腕骨遠位端骨折、大腿骨頸部骨折、脊椎圧迫骨折などが非常に多くなってきた印象を持っています。特に目立つのが骨粗鬆症による脊椎の圧迫骨折です。当院では年間100例近くの症例を経験しています。原因として転倒、転落は当然ですがしゃがんだだけでも骨折する症例も珍しくありません。全くきっかけもなく圧迫骨折になっている症例も少なくありません。一度脊椎の圧迫骨折が起これば高い確率でその後第2、第3の圧迫骨折が起き次第に日常生活動作が制限され介護度の高い状態になっていくと思われます。日本整形外科学会でもロコモーティブシンドロームの啓蒙に合わせ骨粗鬆症の圧迫骨折をいかに防いでいくかに力を入れています。閉経前後の時期からの骨密度のチェック、生活習慣病の予防、食生活の改善、運動の奨励、様々なアプローチにより骨折を起こす前にできる予防策を啓蒙しなければなりません。的確な薬物療法も欠かせません。整友会ならびに当クリニックが地域医療でのその一翼を担えればと思っています。

豊橋市民病院に赴任した平成元年当時、小学生だった男の子が立派な社会人になり、中学生だった女の子がお母さんとしてお子さんの診察に付き添ってみえたり、まさに時の経過に驚きます。当然、医療の世界もハイスピードで進歩、変化しています。流れに乗り遅れることなくその時代の的確な医療を提供し、地域医療に少しでも貢献できればと思っています。

院長 中神 和賀雄  

▲上へ戻る

施設概要

診療科目 ※無床診療所
所在地 医療法人整友会
豊橋整形外科鷹丘クリニック
〒440-0016 愛知県豊橋市牛川町字中郷106-1
TEL 0532-74-8881
FAX 0532-74-8882

診療時間
9:00~12:30
15:30~19:00

休診日 土・日曜日、祝日


リハビリテーション 受付時間
受付時間
9:00~12:30
15:30~18:30

リハビリテーション休診日 土・日曜日、祝日

■地図

[交通アクセス]
豊鉄バス 豊橋和田辻線 三菱ケミカル口バス停より徒歩5分

▲上へ戻る

外観・内装写真

  • 外観
    外観
  • 待合
    待合
  • 中待合
    中待合
  • 診察室
    診察室
  • 機能訓練室
    機能訓練室
  • 通所リハルーム
    通所リハルーム

▲上へ戻る

Copyright © 医療法人整友会 All rights reserved.