地域社会貢献活動ボッチャ班

ボッチャ班

ボッチャ班・1
BOCCIAってご存知ですか?
ボッチャは、重度脳性麻痺や四肢機能障がい者のために考案されたスポーツです。ヨーロッパで生まれ、パラリンピックの正式種目の一つとなっています。
カーリングによく似ており、ターゲットとなるジャックボール(白)に、赤・青のカラーボールを投げたり、転がしたりして近づけ、得点を競います。障がいでボールをつかめない方はランプスという滑り台のような補助具を利用して投球し楽しんでいただけます。
障がい者のみならず、子供からお年寄りまで幅広い世代で楽しめるバリアフリースポーツとして、レクリエーションやリハビリに取り入れられています。
ボッチャ班・2
私たち、ボッチャ班は平成18年度より障がい児(者)を対象としたボッチャ教室・大会を開催しています。現在は、豊橋市内に限らず、三河地区の方々にもご参加頂いています。
障がい者でも生涯楽しめる、障がいの有無に関係なく誰でも気軽に楽しめるスポーツを医療従事者の立場から生涯スポーツとして広めていくことを目標に活動しています。

H30年度

第29回 豊橋ボッチャ教室

平成30年5月20日に29回目となる豊橋ボッチャ教室を開催しました。今回は、当法人施設を利用されている13名の方にご参加頂き、「“ボッチャ”を体験しよう」というテーマの元、鷹丘クリニックのリハビリテーション室にて行いました。
ボッチャを通じて身体を動かし、初めて参加された方と複数回参加された方とで交流を深められ、和やかな雰囲気の中、和気あいあいと開催する事が出来ました。
ボッチャは障がい者のみならず、子供や高齢者、体力に自信のない方でも参加出来るスポーツです。次回の、ボッチャ教室は夏~秋頃に、あいちボッチャ協会より講師をお招きして開催する予定です。少しでも興味がありましたら是非ご参加をお待ちしております。
  • 第29回 豊橋ボッチャ教室・1
  • 第29回 豊橋ボッチャ教室・2
  • 第29回 豊橋ボッチャ教室・3

第30回 豊橋ボッチャ教室

30回目となる豊橋ボッチャ教室を開催しました。今回は、29家族35名の方にご参加頂き、年齢層は10代~80代までの老若男女、そして初心者からベテランまで、それぞれのレベルに合わせた内容でボッチャを楽しんで頂きました。
今回は、あいちボッチャ協会より特別講師をお招きし、教室のテーマである「教えてボッチャ」という内容で行いました。普段からの練習の仕方やボールの投げ方等を教えて頂きました。
教室の後半では実際にチームに分かれて試合を行いましたが、どのコートでも白熱した戦いが繰り広げられ、ご家族やボランティアのサポートスタッフも一緒に楽しんでいる様子がうかがえました。
ボッチャは、パラリンピックの種目にもなっています。昨今、メディアにも取り上げられています。今回参加者が過去最大となった背景にもメディアによって注目された方が多くいた事と思われます。ボッチャを通じ、身体を動かす事の楽しさや他者との交流の機会を増やしていけたらと思います。
次回は2月に豊橋ボッチャ大会を開催する予定です。興味のある方、ご都合のつく方はぜひご参加ください。
  • 第30回 豊橋ボッチャ教室・1
  • 第30回 豊橋ボッチャ教室・2
  • 第30回 豊橋ボッチャ教室・3
  • 第30回 豊橋ボッチャ教室・4

第12回 豊橋ボッチャ大会

平成31年2月10日(日)第12回を迎えた今回の大会は、24家族26名が参加して下さいました。
練習時間は設けず、公式戦と同じ様に3人1チームで試合のみを行いました。
試合中には、同じチームの参加者同士で作戦を話し合ったり、お互いの投球に拍手をしたり、投げる際に介助が必要な参加者へ声掛けや介助をする場面がみられるなど、コミュニケーションを取る場面が多く見受けられました。
試合自体も白熱し、どの試合においても接戦で非常に盛り上がりを見せていました。
昨今のボッチャ教室において、非常に多くの方が参加くださっています。
ボッチャという競技がメディアに取り上げられるようになり知名度が上がってきている事に起因していると思われます。2020年東京パラリンピックも迫っています。ボッチャを通じ、身体を動かすことの楽しさや、他者との交流の機会を増やしていけたらと思います。
来年度も豊橋ボッチャ教室、大会を実施する予定です。興味のある方、ご都合のつく方はぜひご参加下さい。
  • 第12回 豊橋ボッチャ大会・1
  • 第12回 豊橋ボッチャ大会・2
  • 第12回 豊橋ボッチャ大会・3
  • 第12回 豊橋ボッチャ大会・4

▲上へ戻る

Copyright © 医療法人整友会 All rights reserved.